近視抑制|大津市大津京の眼科【大津京なかた眼科】低濃度アトロピン点眼・オルソケラトロジー

ネット予約・お問い合わせ閉じる

近視抑制

近視の進行抑制治療について

一般的に近視の度数が-6.0Dを超えるものを強度近視といいますが、強度近視になるとコンタクトや眼鏡などを常時装用する必要となるだけではなく、将来的に病的近視まで進んだ場合には、網膜剥離、緑内障、網膜萎縮などを引き起こし、視力の低下や失明の原因ともなり得ます。

当院の近視進行の抑制について

大津京なかた眼科では、院長のこれまでの近視研究に基づいて、小児期における近視進行の抑制を積極的に行っております。これまでに様々な治療方法が近視抑制に効果があるといわれておりますが、現在医学的に効果が証明されているのは、低濃度アトロピン点眼とオルソケラトロジーです。

当院では、これらを用いて近視進行抑制に取り組んでいます。
残念ながら日本では保険診療の対象とはなっておりませんが、治療を希望される方はお気軽に当院にご連絡ください。